あやういドーナツ

デジタルで絵を描くようになりましたが
日本語版の参考書も手に入らないこちらでは
PCやスマホ関係はいつもカオス。(笑)
昨夜も思わぬ伏兵と格闘したので覚書を。

作品作業の手がいったんあいて
ブログの引っ越しやらで入り乱れ気味だったPCの作業環境を
あらためて整理整頓。

そういえばちょっと前にOneDriveから容量上限が下がるから
ファイルの見直しをしてねって連絡来てたっけ。
(OneDrive=Microsoft社のクラウドサービス)
以前外付けHDDに半年も使わないうちに
いきなり沈黙されたトラウマから
バックアップ用に利用しています。
現在提供されてる15Gから5Gまで減ってしまうので
残せるファイル以外をダウンロードして
別に保存しなおさなきゃいけないと
あれこれチェックしてたら

ぎょっ!


赤い警告にまで達してないものの殆ど空きが無い状態!
ちなみにこれは各種プログラムを動かす用のCドライブで
データ保存にはDドライブを使っています。
たいしたソフトも入れてないのになんで~~~???

検索でみつけた大喰らいファイルを検出する方法で調べたら
……


iPadのアプリがぞろぞろと(゜o゜)!
えええ~?????


PCとの同期に使うiTuensってPCの中にもappファイルを保存するんですね。
全然知らなかった!
原因がわかったのはいいけどこのあとどうしたらいいの?
ぐーぐる先生に泣きついて格闘の末
iTunesのフォルダごとDドライブに移動できることが判明
どうにか↑の容量まで回復しました。
なんと35Gちかくも占有してました。恐るべし。

iPhone、iPad持ちで最近PCの空き容量が少ないなぁと感じてる方、
iTunesを疑ってみるのもアリですよ。



*覚書メモ*
    大喰らいファイルの調べ方…(Windows)
    1. エクスプローラーを開いて左側のリスト一覧から調べたいドライブ(C:とかD:とか)をクリック
    2. 右上端にある虫眼鏡付きの検索窓に サイズ: と入力、Enterを押す。
    3. サイズを示すウィンドウが開くので 巨大 を選んでクリック。
    4. 該当するファイルがズラ~っと表示されます。
    iTunesをDドライブに移動させる方法…(Windows)
    1. iTunesを起動、メニューバーから〔編集〕→〔設定〕で詳細環境設定画面を出す。
    2. {詳細〕タブをクリック〔iTunes Media〕フォルダーを整理 にチェックを入れ〔OK}をクリック。
    3. メニューバーの〔ファイル〕→〔ライブラリ〕→〔ライブラリを整理〕、ウィンドウ内の〔ファイルを統合〕にチェックをいれ〔OK〕をクリックした後、iTunesを終了させる。
    4. Cドライブにある〔iTunes〕フォルダをコピーする。
      デフォルトだと C:¥ユーザー(Users)¥(自分のユーザ名)¥ミュージック(マイ ミュージック) あたりにあります。
    5. コピーしたフォルダをDドライブ直下にそのまま貼りつけ。
    6. 量によってはちょっと時間がかかるので、お茶でもすすりながら一服しましょう。(笑)
    7. コピーが終わったら〔Shift〕キーを押しながらiTunesを起動。
    8. 〔iTunes ライブラリを選択〕という選択画面が出てくるので〔ライブラリを選択〕をクリック。
    9. Dドライブにコピーした〔iTunes〕フォルダ内の iTunes Library.itl ファイルを選択して〔開く〕をクリック。
    10. iTunesの詳細環境設定画面で保存先がDドライブに変わっているのを確認できたら完了。
      ここまで問題なければCドライブの〔iTunes〕フォルダを削除してOK。結構な容量を回復できると思いますぞ。


Sponsored Link

0 件のコメント :

コメントを投稿