挑戦は続く

スポンサーリンク

タイ長期滞在者必須の90日レポート、2016年8月時の覚書。

タイに90日以上継続して滞在する者は旅行者、在住者に限らず90日毎に居住地報告、別名90日レポートを入管に提出しなければなりません。
提出を怠ったり忘れたりすると2000Bahtの罰金が課せられます。

この90日毎っていう中途半端さと入管事務所での行列が何気にうっとおしい…ゲフンゲフン。
そんななか去年からオンライン申請受付が開始という朗報がありもちろん挑戦しておりますが…

挑戦?
はい、必ずしも成功するわけではないという…。

サービス開始からずっと挑戦しつづけるも毎回玉砕、あいかわらずの入管参りです。

成功する人はいるようなのですがいかんせん情報が少なく成功するしないの差がどこなのか未だ正確な答えが出ていません。
一応入管事務所の係官にも毎回原因を訊ねてますがそっちも人によって言うことがバラバラで。(^-^;
どうやらシステム元自体把握し切れてないみたいです。
開始から1年以上経つんだからいいかげん修復しましょうよ~。

↓90日レポートの現状について割と詳細に推敲されてるサイトさんの記事。
今後の検証結果にも期待しております。

タイ在住者の義務、90日レポートのオンライン申請 2016年08月29日
//embedr.flickr.com/assets/client-code.js タイで住んでいる外国人の面…

そして今回8月下旬に事務所に申請した際追加書類があったので覚書として記しておきます。
提出前に写真とっといたはずなんだけど画像が見つからない(汗)
記載内容は

  • 申請者の現住所、勤務先、及び所有国籍地の連絡先及び住所
  • タイ国内での身元保証人氏名、及び住所、勤務先

そういったあたりの個人情報を記入・署名して提出します。
わたしの場合は専業主婦&日本の連絡先がないので基本的な情報(パスポート番号等)と現住所、ぱぱぁの勤務先情報のみ記入でしたが特に問題なく受理されました。
事前にネットで見かけた銀行の口座情報とか、個人の嗜好などのつっこんだ質問は無くごく一般的な項目でした。
まぁ、地域によって内容が違うことは多々あるので申請日時が近くなったところで管轄事務所に問い合わせされることをおすすめします。
次は11月、あきらめずにオンライン挑戦続けますよ~。

コメント

タイトルとURLをコピーしました