喪章

スポンサーリンク

故プミポン国王陛下がご崩御されて今日で1年となります。

少しづつ日常を取り戻しつつも国のあちこちに設えられた弔問記帳の祭壇、献花の造花を作るコーナーなどに人々の姿がたえることなく深い悲しみと悼みがかたわらに在り続けた1年でした。

26日に行われる火葬、一連の葬儀を含め29日まで服喪となります。

喪章の黒いリボンを作り直しました。
緩く交差させて、裏に縫い付けた安全ピンで留めます。
重さで輪の部分が垂れてしまうのが気になっていたのですがwebでみつけた交差部分に縫い留めたこの形で作ってみました。

この時期、特にバンコクでは葬儀にかかわる行事が行われるので服装などに注意を払う機会が多いかと思います。
場所によっては細かい指定(サンダル不可など)があるのでそちらを確認して従うとして一般の旅行者の場合、派手な服装を避けていただいてこの喪章をつけるだけでもじゅうぶんです。

手先が不器用と心配ならこんな風に短く切っただけのリボンを二つ折りにして安全ピンで留めるのもOK。

黒いリボンと安全ピン、どこにでもありますよね。
そっとバッグのポケットに入れておけば必要な時にすぐ弔意を示すことができます。

昨年、ご崩御の知らせがあってしばらく喪服を求める国民に用意が間に合わず黒い服をめぐって様々な社会現象を目にしました。
手持ちの服を黒く染める人々がいたかたわらで在庫を買い占めて法外な値段で売る人もいました。

さすがに1年たってそんな事態はおこりえませんが、旅行者を相手にこの時期だからと黒いグッズやらTシャツやら記念行事のペナントのようにわざわざ仕入れて店頭に並べてるのを見たりするとなんとも言えない気持ちになりますね…。

この時期に旅行でいらっしゃる方には特別な機会であることは確かですが、イベント気分ではなく悼む気持ちをもっていただければと思います。
黒いリボンひとつでその気持ちは共有できます。

ぱぱぁと結婚して25年。
恥ずかしながら昨年のご崩御の際に初めて知ったのはお若い頃の事故が元で片目が義眼でいらしたこと。
国中を道なき道をものともせずくまなく巡られた70年という長い公務の重さ、はかり知れません…。
どうぞお安らかに…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました