そばにいてくれるだけで

プーケットの暮らし

春節のデコレーション

2月5日の春節をはさむ数日、
中国系タイ人の多いプーケットは旧正月で賑わいました。
うちも親族の付き合いで外出続き…
なのにいつも持ち歩いてるバッグが壊れてしまい
ストック生地のありあわせで自作しました。

厚手のコットンに社長のアイロンプリントを縫い付けた
自分用のうちの子バッグ。

うちの子アイロンプリント

うちの子アイロンプリントバッグ

深夜0:00近くから作り出して
始めちゃったら止められない性分で
午前3:00までとか。(笑)
クリップをとめてるのは
ファスナー使いにしようと思ったのに
手元になかったための仮止め。
その分保留にしてようやく寝たけど
うっかり有ったら何時までやってたことやら。(^-^;

自分用のうちの子バッグは実はこれが初めて。
わたしより先にぱぱぁが使ってます。

観光ガイドで持ち歩く書類が多く
たっぷり入る仕様が気に入ったらしく
サンプル用のエコバッグをちゃっかり。(笑)

「どこに行くにもいっしょなんだ。
リアルでは無理だったからね。
今は離島にだって連れていける。」
そう言って仕事にでかけていくぱぱぁ。
ちょっとぉ、なにそれ、羨ましいじゃないの。(TωT)

 

今日、やっと調達できたファスナーをつけました。

ファスナー仕上げのバッグ

ファスナー仕上げのバッグ

完成ーーーー!
実はファスナー付け初めてだった!
の割にいい出来じゃない?と自画自賛(笑)

日本ほど治安がいいわけじゃないので
やっぱりファスナーは必須。
クリップだけじゃ落ち着かなかったのよね。

 

うちの子アイロンプリントバッグ

これでわたしもどこ行くにも社長といっしょ。
虹の国から見守られるだけじゃシャクだからね。(笑)
いっしょにどこまでも闊歩しよう!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました