逢魔な一日

ここのところ出来るだけ月曜・金曜の週2回
ブログ更新するようにしてきたんですが
(習慣つけないと間空きがちなのでね~)
この金曜に突発事故発生。
文字通り事故にあってしまいました。

右みて→見通しの良い直線道路、車なーし
左見て→こちら方面への曲がり角、車途切れた、よーし
で、向こう側へ横断しようと踏み出したとたん右側に強い衝撃。
どこから現れたのかバイクに突っ込まれ。
幸いそんなにスピードを出してなかったらしく
弾かれても無意識に踏ん張れたため
転倒せず腕と足の打撲だけで済みました。(;^ω^)
当日は腕にまったく力が入らず各方面のご連絡ができなくて
翌日かろうじて簡単な文字打ちが出来るようになったところで
少しづつご連絡・ご報告をさせていただきました。
情報量が少ないことでご心配をおかけすることになり
大変申し訳ありませんでした。<m(__)m>
安静をとれたことで経過もよく
今日から復活させていただきます。

交通事故世界ワースト3に数えられるこのタイ、
かつて4年住んで、戻ってきて9年近く
今まで一度もあわなかったのが奇跡なのかな?(苦笑)

この日は朝からとにかくヘンな日だったんですよ。
ミシン掛け→脇に置いたはずの糸切バサミが見つからない
メモ→ほんの少し前に脇にどかしたはずが見つからない
練り消し→前日道具入れの引き出しにしまったはずなのに見つからない

どれも作業部屋の中、机まわりの1m四方におさまってるにもかかわらず
いくら忘れっぽくても探せば見つかるはずじゃないですか。
さすがに糸切バサミは見つかりましたが
メモと練り消しはどんなに探しても見つからず。
事故の時も確かに目視で確認してるのに
こちらに向かってきてるはずのバイクは見えてなかった。
日暮れ時の視界があやふやな時間帯を”逢魔が時”と呼びますが
あの日は終日逢魔が時みたいな感じ。
(ちなみに事故に遭った時間帯はまだ全然明るかった)

加害者側が非を認めて
わたし自身そこまで重症ではない自覚があったので
示談にすることで合意したのですが
そこからがまた…(^-^;
相手は自賠責保険もはいってなく
出せる治療費も限られてて
提案された病院は
知る人ぞ知る扱いが雑なことこの上ない某公立病院。
近くにはべら棒に高い私立病院しかないし
もうそこに行くしかない状態。。。
案の定、救急扱いで行ったにもかかわらず
レントゲン撮影と診断書作成だけで
応急処置もされず放置されて
帰宅までの所要時間約3時間。

とことんついてない

とことん”逢魔な一日”だったのでした。

年をとってボンヤリ度が進んでるって説もありますけどね(^▽^;)
気をつけていきたいと思います。