油性マーカーもイケると聞いたので焼き付けテスト

スポンサーリンク

9日9夜フルで参加した逆ダイエット期間VegetarianFestival、無事に完遂。
体重?はて、うちに体重計あったっけ?( ̄、 ̄*)シラーー

予約受注分のうちの子イラストの発送が済み、ちょっとお急ぎのマグカップを作成中。
らくやきマーカーというペンで描き付けていくのですが、これの黒が他の色とインクの成分が違うのか、一番使うのに頻繁にインクが出なくなるという…。

らくやきマーカー

熱湯に一瞬つけてペン先を拭くという応急手当も使えるけど、本格的に描けなくなっちゃったら困るなぁ、と打開策を探していたら油性マジックでも同じ手法で焼き付けが出来るとのこと。
ホント?

早速油性マーカーを買ってきました。
上から日本のサクラクレパス社製マイネーム、クラウン社製パーマネントマーカー、uniペイントマーカーの3種。
一番下はデコ用に買ってみたuniペイントマーカーの金色。

油性マーカー焼き付けテスト

細書きのものが欲しいのでuniはこの時点で2軍決定。

使いあぐねていた豆皿でテストします。
サクラクレパスのはサクラ猫、クラウンのはパーマネントをそのまま雷パーマ猫。(笑)

油性マーカー焼き付けテスト

ついでに見えない裏側でuniもテスト。

油性マーカー焼き付けテスト

描き心地はどれも変わらず、スムーズに描けました。
書き損じはどうしても出るので消せなければいけないのだけど、描いたすぐでも乾きが早く消せません。
が、水を含んだティッシュだとサクッと消すことが出来ました。
うんうん、ここまでは安心。
さて、焼いてみますよ。

 

220℃で20分(らくやきマーカー使用のマグカップと一緒に焼いたので)、放置して冷ますこと1時間半。

油性マーカー焼き付けテスト

油性マーカー焼き付けテスト

uniの金色は残念なことにただの焦げ茶に…。
焼き付けずデコに徹して観賞用に使うほうがいいようですね。
食器用洗剤&スポンジでの洗浄は全社とも問題なし。
(雷パーマ猫がチラっと削れてるのはついせっかちにひっかいてしまったから。ああっネタバレ、笑)

クラウン社製。
はい、多少は耐えられるみたいだけど強くひっかくと削れてしまいました。

油性マーカー焼き付けテスト

サクラクレパス社製。
同じくらい強くひっかいてみましたが全く影響なし。

油性マーカー焼き付けテスト

uniのは、色もクッキリしっかり焼き付いてるように見えましたがあっさり削れてしまいました。

油性マーカー焼き付けテスト

油性マーカー焼き付けテスト

サクラクレパス社のマイネームが代用になりそうです。
らくやきマーカー自体がこちらでは手に入らないので使い切り終了なのでね~。よかった♪
ただ、らくやきマーカーのインクは食用食器可能なインクを使ってるのと違って、サクラクレパスのは食用を用途にはしていないので食器用には難しいかな。
絵皿とかあくまで観賞目的の作品に使いたいと思います。
結構描きやすいので黒だけ使ったモノトーン・テイストの線画とかもいいかも。
試作してみよう(*’ω’*)

さて、ただいま予約販売第2弾を企画中。
制作時間などの事情から11月下旬~12月初旬お届け予定でクリスマス向けのものをと考えています。
具体的になりましたらまた告知しますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました