あの日と、そして、今日と

スポンサーリンク

3.11。
プーケットに戻ってきて1年ちょっとでした。

阪神・淡路大震災はプーケットに暮らし始めて2年目、
プーケットの大津波の時はぱぱぁと東京暮らし。
所縁のある地、縁のある人がいるのに、いずれの大きな災害時も遠くから祈ることしかできませんでした。
若かったこともあって何をすればいいのかまったくわからず、安否を知って胸をなでおろすことしかできなかった…。
ずっと心の奥に後悔として残っていて、だからなのか9年前の東日本大震災の時はまるで熱病のように情報を追い、ここから出来ることはないか、今どうなってる?そんなことばかり考える毎日を送っていました。

当時のブログからひろがったつながりでわずかなりとも復興のお手伝いが出来たことは、同時にわたしの無事でいて申し訳ない気持ちも救ってくれました。

あの時以来のご縁で熊本地震の時も広島の土砂災害の時もお手伝いの機会をいただけたこと、とても感謝しています。
無力感に落ち込むだけでなく、出来ることで助け合う、そうして誰もが救われる、そう思います。
そんなつながりがこの9年の月日の間に少しでも癒しをもたらしてくれていたらと思います。

9年目のこの時期にまた停滞をもたらしたコロナウィルス。
自粛で不活発、抑圧され気味な日々が続いていますが、突然降りかかってきたあの災害とは違いますもの、冷静に立ち向かっていきましょうよ。
プーケットも他人事ではありませんよ。
観光客の激減、観光地故の潜在的感染の不安。
現状を見据えながら今出来ることで日常を保つ、そうやって本当の日常が戻るのを待っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました