非常事態宣言と2020年家族査証更新覚書

スポンサーリンク

今日3月26日、タイ全土に非常事態宣言が発動されました。
日常生活に大きく関わる制限が示されています。
(詳細については記事文末に記載します)
こちらの査証更新の記事は徐々に事態が変わっていく中で作成していたもので、現時点とは状況等変わっている可能性が大いにあります。
公的役所は業務をしているので可能な限りの確認をされる事をお勧めします。
その他の公共事業も連絡が難しくなっているので大変かと思いますが…

 


パンデミック宣言もなされた現状の中、2020年度の査証の更新申請の覚書。

今年は受付制限のため受付開始1時間半で追い返されるという未曽有の体験をし、日を改めて開始30分前から順番取り。
さすがに今回は無事整理券をゲット、しかも家族査証では一番目。
受付前に欧米人スタッフによる書類確認があってそこでチェック完了後整理券を受け取るシステムになっています。
先頭から2番目まではビジネス査証の人で、わたしの番になって家族査証だとわかるとそのスタッフが列の後続に向かって他に「ビジネス査証の人は?」って呼びかけをした時に嫌な予感はしたんですよね…。
何組か分のチェックをした後やっとわたしを含めた家族査証組(この時点で2組)に整理券配布。

ここからが長かった…
なぜか家族査証組はほっておかれてビジネス査証組が、しかもわたしよりずっと後に来た某大手ホテルのスタッフなんか係官と軽口をきいた後その流れでとか、ばんばん申請作業を進められて。
受付一番目で実際に申請開始できたのは1時間後!
なにそれ?
ビザ代行業者の割り込みとかはまぁ今までもあったけど、今回のはちょっと異常。
だいたいコロナウイルス騒動で観光客自体が激減してるのにビジネス査証組がなぜかいつもよりずっと多い?
さすがに中国人は見当たらず欧米人ばかりだけど。
その需要はどこから????

で、やっと申請手続きが完了して後は申請料支払いの領収書と申請済み証明を受け取るだけ…になったにもかかわらず今度はそれを発行する管理職の係官が席を外したまま戻ってこずさらに1時間待たされる。
主のいない机の上にずっと放置されたままのわたしの書類&パスポート。
ビジネス査証組のは別の係官がまとめて処理するので数組単位で完了していくのを横目で見ながらひたすら待つ。
しびれを切らしてどうなってるのか聞いたら当の係官は会議に出かけたのでいつ戻るかわからないって。おい!
こういう窓口業務で代理を誰も置かないってどういうこと?

さすがに目に余ったのか、わたしの申請受付をしてくれた女性係官が奥の上司から許可をもらってくれて代理で処理してくれて、やっと解放されました。
ここ数年実質15分程度で済んでた手続き作業、2時間ですよ。
はーーーーー、疲れた。。。。

さて、恒例の申請書類リストです。
申請書類(Non-O タイ人配偶者の妻用)はここ数年変わっていません。

  • 査証更新申請用紙 TM(ทม)7 ×2
  • 査証申請書貼り付け用の証明写真 フチなし60×40mm ×2
  • 家族証明書 各区・市役所などから都度発行 原本とコピー各1通
  • 婚姻証明書 婚姻届けの際に発行されたもの 原本とコピー2通
  • パスポートの記載事項のあるページのコピー ×2
  • タイ人配偶者の住居登録証明書(タビエンバーン ทะเบียนบ้าน) 原本とコピー2通
  • タイ人配偶者のIDカードのコピー ×2
  • 夫婦一緒のスナップ写真 室内及び自宅表札を背景にしたもの ×2(デジカメ撮影したものを
  • 普通紙にプリントでも可)
  • 自宅地図 (毎年のことなので描画ソフトで作成したものをプリントアウト)
  • 査証更新手数料 1900฿

あらかじめ用意できるものばかりなのでリスト通りでOK。
ところで、昨年から増えた書類が1枚。
昨年は急かされて書いたのでどんなものか詳細をお見せ出来なかったのですが、今年は時間がたっぷりあったので(~_~)画像を撮ることが出来ました。

タイ 家族査証更新 2020 TM2

TM2となっていますがサイトからダウンロードできるものとは違うものです。
こちらはあらかじめ用意ではなく入管局で受け取って記入する形ですかね。
氏名、年齢、国籍、滞在理由を記入して署名。
タイ語と英語どちらも同じ内容ですが、タイ語部分だけで提出したら英語部分も書くように言われました。
むしろ英語部分だけでいいのかも。

久々にタイのお役所仕事を味わいましたわ、ふぅ…。
あとは1か月後に査証スタンプを押してもらうだけですがさてどうなることやら。

タイ 家族査証更新 2020

 


以下、非常事態宣言の要文です。

  1. 国家非常事態宣言の発動
  2. 適用期間 2020年3月26日~4月30日
  3. 全県の競技場、映画館等の商業施設の閉鎖
  4. 観光をともなう施設、寺院、その他は承認を待たず自主的に規制することを認める
  5. 国境及び空港を閉鎖するものではないが以下の者以外の入国を禁ずる
    医療機関発行の健康状態証明書所持のタイ国籍者・航空乗務員・輸送業務員(作業終了後直ちに出国すること)・外交使節団、労働許可証所持者
  6. 集会の禁止
  7. 有害な情報流布の禁止
  8. 医療施設化が可能な施設の有効利用、医療品、退役含む医療従事者の協力
  9. 禁止の限りではないが、可能な限り外出を控える
  10. 次の3項目に該当する者については診療、警察への出頭、裁判関係時を除き在宅をすること
    70歳以上・糖尿病、高血圧等の持病のあるもの・5歳以下の児童
  11. 都市の閉鎖をするものではないが、不要不急の県をまたぐ移動の制限
    移動車内では適切な距離を保つ・体温測定を受ける・IDカードの携帯・マスクの着用・GPSによる追跡・発熱が見られた場合の処分
  12. 食料品の販売は通常通り、ただし価格操作は禁ずる
  13. 過剰な値上げ、妨害、唾液をエレベーターの各階ボタンにすりつける(これは実際にあった事件)等は犯罪とみなす
  14. 営業を許可される業種
    工場・銀行・ATM・食堂(店内での飲食は不可、デリバリーのみ)・日用品・持ち帰りの食品・薬品・その他生活上必要なものの販売・運送業・法律関係・金融関係・公務員・警察・病院・薬局・オンラインデリバリー

これに加えて各県指定時間内の外出自粛の要請も出ています。

今日所用があって外出しましたがまだ街の様子は日常とそう変わらない感じでした。
ただ、残念なことに経済的に切迫してきていることもあり、ローカル色の強い某地域で高齢者の家を狙った強盗の話など耳に入ってきています。
見通しのつかない状況の中、ウイルス以外にも気を付けなければならないものが増えています。。。

今朝方、日本のブロ友さんともLINEで話していたんですよ、1か月後にでもぱあぁぁぁぁっと収束して「いや~大変だったねぇ~」って笑いあえたらいいのにねって。
観光ガイドのぱぱぁは最低でもむこう3か月は失業確定です。
かなり厳しい試練の時期ですが、にゃんずと出来るだけ笑いを共有して免疫力あげて乗り越えていきたいと思ってます。
皆さんも体調管理をしっかりね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました