なにぬ猫*おうち時間応援キャンペーン実施中 こちらをクリック♪

Googleクラウドの容量圧迫であわてた話

スポンサーリンク

日本の緊急事態宣言は全面解除となりましたが、タイは依然継続中。
プーケットのロックダウンは6月末まで(予定では)。
もう当面は現状が続くと腹をくくってデジタル絵仕事の環境を整えています。

なにぬ猫塗り絵のまとめとデジタル道具
やーーーっとPCの保守作業がひと段落しました。 当面作業に使うものをクラウドと随時同期できるようにして、前に意味不明な故障で使わなくなっていた外付けHDDを新しくして… 作業に伴うバックアップをスムーズに出来るようPC内の重複してるファ

↑の流れで作業フォルダをGoogleドライブと同期できるようPC版のアプリ内に作っています。
こういったクラウドサービスのアプリ、PC内の他のフォルダと同じ感覚で使えるのでとても重宝。
他にDropboxもヘビーに使ってます。

まずここで使う予定のファイルフォルダをまるっと投入。
そこから各種作業フォルダも設置しなおしファイルも精査してようやく体裁が整ったある日。

PC覚書 クラウド容量回復

Googleフォトを開いたら↑のような警告が。
ええ?????

GoogleドライブはGmail、Googleフォトなどのデータをまとめて15Gまで無料で使えるクラウドサービス。
Gmailは大したデータ量でもなく、Googleフォトは高画質保存(容量無制限)で使っているので、容量を食う可能性があるのは作業フォルダをおいてる区分。
でも容量確認しながら設置してるからそれはおかしい…。

PC覚書 クラウド容量回復

急に出てきたこの警告、直前に何かやらかしてるのか…
記憶を探ってもファイルやフォルダの入れ替えくらいしかしてないし。
とりあえずどうしても中にいれておかないといけないファイルを避けていくつか大きなフォルダを取り出したものの保存容量のゲージは変わらず、警告もそのまま。
対処後のスクショなので使用量が6Gになっていますが、この時点では7G弱でした。

7G…2倍だと14G。
怪しい、でもなぜ2倍?

 

ブラウザのGoogleドライブ内をつつきまわして見つけました。

PC覚書 クラウド容量回復

PCアプリ内でファイル等を削除するとPCのゴミ箱に移動するのでそのまま「ゴミ箱を空にする」で削除完了します。

が。
クラウド側ではゴミ箱の中にたまっていくんですね。
ああ、そうだった~!
だからうっかり削除したものでもクラウドのゴミ箱から復活させられる仕様だった!
ゴミ箱の中をみて納得。
謎の圧迫分はフォルダ整理の際にポイポイ放りこまれた削除済みファイルなのでした。

不要なものばかりだったのでここも「ゴミ箱を空にする」ことでサックリ警告が消えました。
(ゴミ箱フォルダに入った後画面上部にある「ゴミ箱」メニュー横の▼をクリックすると出てくる)

忘れたころにやらかしそうなのでとりあえず覚書。(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました