なにぬ猫*おうち時間応援キャンペーン実施中 こちらをクリック♪

GIMP2.10.20の性能は…バージョン入れ替えの覚書

スポンサーリンク

今月初めからの深刻なPCトラブル、やっと絵仕事再開できるくらいには落ち着いてきました。
元通りとはいきませんけどね~、なにしろほぼまっさらになっちゃったので(涙)
入れ忘れのソフトが出てくるとその都度設定して、でなんとか近づいて行ってます。

絵仕事に使うソフトは現在クリップスタジオペイントとGIMP。
描画は以前のAzDrawing(線画ソフト)とGIMP(描画ソフト)の2本立てからクリップスタジオペイントひとつに絞ったので手間がだいぶ減りました。
ただブログ挿し込みの写真画像等の編集はすでにテンプレートを作ってあるGIMPの方が手軽なのでそのまま使用継続。

GIMP覚書

最新バージョンの2.10が出ていたので早速インストール。

gimp2.10

UIが地味に変わってしまってて使い難いのは慣れるしかないのかな…
それはさておき画像編集で大きな問題発生。

GIMP覚書

ほんの少し傾きを修正しただけで画像がこんなに荒れる!
こういうデザインじゃないですよ、シンプルな直線の額です。
これでは使い物にならないので速攻アンインストールして旧バージョンの2.8をインストール。

gimp2.8

こちらは使い慣れてるので安心安定。

起動させて気が付いたのですが、いつも使うフォントが入ってない。
でも大丈夫、fontフォルダに追加するだけだから簡単簡単♪

ところがね、見つからないんですよ、肝心のフォルダが。
見つかることは見つかってもファイル形式が見たこと無いのしか入ってなくてここじゃない感が半端じゃない。
途方に暮れて…ふと思い出したのが個別にデータフォルダを全削除しないと不具合があるって話。
もうダメもとでプログラムフォルダやユーザーフォルダからGIMPのものと思われるデータフォルダを全削除!
改めてインストールしなおしたら…ありました!
GIMPのバージョン入れ替えはアンストだけじゃダメです、いったん全削除です。

GIMP2.10、酷評だけではアレなので良いところも書いときます。
2020年6月27日現在での最新版はGIMP2.10.20。
ひとつ前のバージョンではインストール後日本語ですぐ使えるものの、フィルター効果一覧がまだ英語表記だったらしいですね。
最新バージョンではこれが日本語表記になり、これでほぼ全部日本語環境で使えるようになってます。
2.8では今回のわたしのようにfont追加の作業がありましたが2.10ではPCに追加してあるfontは自動で組み込まれます、たぶん。
画像加工時の荒れはさすがにあそこまでになると恐らくバグだと思うのでアップデート修正があるんじゃないかな。
それまでは無理してバージョンアップしなくてよいと思われます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました