なにぬ猫*おうち時間応援キャンペーン実施中 こちらをクリック♪

Webまんが「なにぬ猫んち。」を紙書籍化したメイキング

スポンサーリンク

先日、描きためていたねこまんがを紙書籍化しました。

猫漫画「なにぬ猫んち。」紙本リリース
あちこちに描き散らしていたねこまんが。 書庫替わりにしているnoteで一括にまとめる流れでリライト版を公開したところ、紙書籍で欲しいと嬉しいリクエストをいただいてこの度出版の運びとなりました。 pixivFACTRYで製本、

電子書籍は絵本で一度出版していますが、自力で読み物の紙書籍出版は初めて。
デジタルとアナログ印刷ではいろいろと違う点が多く、作品データの形式がらみで製本時にとまどうことが多かったので覚え書きです。

 

商業漫画家だったのは一世代前(?)なのでアナログもアナログ、紙にペンとスクリーントーンの時代。
「背景画像とか写真からトレス加工できたらいいのにね、キャラとの合成なんかも出来ちゃったりさ~」
なんて今なら当たり前なことをアシスタントさんたちとぼやきながら描いてた時代。(笑)

あれから時は流れデジタルが主流になり、紙をディスプレイに替えて再びペンを持つようになりました。
そうやって描きためてきたねこまんが。
電子書籍化を思い立ってnoteにまとめ始めました。

何年もまたいだために定着してないキャラの絵柄やサイズを一括化してリライトして公開という流れです。
単純なコマ割りなのでテンプレートを作って描いていますが、それもWeb上での公開で読みやすいカスタムサイズにしています。

嬉しいことにフォローしてくださっている読者の方から紙の本のリクエストをいただくようになりました。
ちょうど1冊から発行可能なpixivFACTRYでのオンデマンド販売が可能だったので早速とりかかることに。

ところがここで問題発生。

うすうす気になっていたこと、デジタル作品をアナログ印刷ってどうするんだろう?
ざっくり違いをいうならデジタルを水彩画としてアナログは白黒2色だけを使う版画。

使っている描画ソフトCLIP STUDIO PAINTに変換機能があったので使ってみると…

なにぬ猫んち。 書籍化メイキング

なにぬ猫んち。 書籍化メイキング

グレートーンが表現できず、とても残念なことに。
上のはこれでも調整してマシにしたもの、一発変換では見る影もありませんでした。

ちなみにカラー(RGBといいます)をモノクロ原稿に置き換える方法を詳しく解説しているサイトさんがあったのでご紹介。

カラー原稿をモノクロ原稿化する【EX】 "マンガ用トーン #5" by ClipStudioOfficial - CLIP STUDIO TIPS
この講座では、いつでも元の状態に戻せるようレイヤーに大幅な加筆をしたりせずに、カラー原稿をモノクロ原稿化(白黒2値化)する手順を解説します。 下図左側のカラーイラストを、下図右側のような線と階調トーン...

さすがにこれを全ページは無理…(^-^;
いさぎよくカラー(RGB)のままいくことにしました。

当初からWeb公開を前提としていたので原稿の解像度は72dpiで描いています。
画像に関して解像度は高い方がいいと思われがちですがWebで表示されるぶんにはほぼ変わらないので読み込みを軽くするためにもこれくらいで充分。

これが印刷となると印刷に適したサイズに調整する必要があります。
一般的に必要になってくる解像度は350dpi、約5倍のお饅頭に増やさないといけません(笑)

もともとの原稿サイズが規格ではないカスタムサイズだったので、それをA5判に収まるよう編集します。
CLIP STUDIO PAINTでサイズ変更をしようとしましたが、原稿全体が指定したサイズに矯正されてしまい画像が歪んでしまう結果に。
スムーズにいかなかったので他のソフト(GIMP2)の助けを借りました。
要するにページサイズに漫画画面を収めたい。
1枚絵でもいいじゃん。
以下がわたしの行った手順。(他にもっと効率的な方法があるかもしれないけど)

① CLIP STUDIO PAINTで全頁350dpiでjpeg画像として出力
② GIMP2でA5サイズのキャンバスを用意、①の画像を読み込み「編集」⇝
「可視部分のコピー」⇝「クリップボードから作成(画像)」でA5サイズの画像として出力
③ ②でリサイズしたファイルをCLIP STUDIO PAINTの各ページ上に画像として読み込み配置する

注)この方法だと最終段階では1枚の画像扱いでレイヤー処理は出来なくなってしまうので修正が必要な部分は①の前の段階で完了しておく必要があります。

けっこうな力技ですが(笑)

こうしてなんとかA5判に収めることができました。
下の枠でかこってある部分が通常はみ出しのないコマが表示される範囲。
バランス的にギリギリOKな感じ。

なにぬ猫んち。 書籍化メイキング
なにぬ猫んち。 書籍化メイキング

こうして編集したねこまんが本「なにぬ猫んち。」も出版完了、さっそくご購入いただきまして感謝感激雨アラレでございます。

vol.1ということでこの後も続投予定でおります。
もちろんWeb公開→書籍化のスタイルは基本的に変わらず。
書籍発行時には全頁カラー印刷です、が、今回は上のような事情もあって掲載時と同様モノトーンでの印刷となりました。
む~、どうかな、読者の方、損した気になってないかな。

そこで皆さんにお伺い。
目に入る情報ということで受け取り方も様々、ねこまんが、カラーor現行のモノクロ、どっちが読みたい、読みやすいですか?
先にお断りしておきますが、フルカラーといってもアニメ絵のようなみっちりな塗りは無理ですからね(笑)

反響によって今後の漫画作成のテンプレート仕様の参考にさせていただこうと考えています。

カラー化は時間配分的にこれくらいかなぁ。

なにぬ猫んち。 書籍化メイキング

ご意見ご感想よろしくお願いいたします。

「なにぬ猫んち。」初刊はこちらからお買い求めいただけます。

ねこまんが なにぬ猫んち。 vol.1 - なにぬ猫 BOOTH - BOOTH
web上で公開中のねこまんが「なにぬ猫んち。」 なにぬ猫家の猫との暮らしを綴ったコミックエッセイ。 第一巻は重鎮おやじ猫社長を詰め詰め♪ 収録作品は全てweb公開済みからの再録となります。 現在noteにて不定期更新中! ご感想・ご意見などnoteまたはなにぬ猫BOOTHトップページのメールアイコンからメッセージでお

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました